逆流性食道炎治療中は熱いお茶や熱いものに要注意

逆流性食道炎に熱いお茶はNG
はじめにお読みください

当サイトは医学的な根拠(医師による意見・厚生労働省ホームページ・薬剤師による意見等)を示し、実際に自分自身が逆流性食道炎を治療した際の実体験に基づく情報だけをご紹介するように心がけておりますが、すべての方に同じように効果があるわけではありませんので、予めご了承いただければ幸いです。

私は熱いお茶が好きでついつい飲んでしまうのですが、逆流性食道炎治療中の方は、熱いものは控えることが勧められています。

熱いものは冷ましてから、食べたり飲んだりするようにしましょう。

今回は、逆流性食道炎治療中に熱いものを食べたり飲んだりすることのリスクや、熱いお茶の代わりになる飲み物等について、詳しくお伝えしたいと思います。

私のように熱いお茶など熱いものが好きな方は、ぜひ最後までお読みいただければ幸いです。

熱いものがしみる場合、逆流性食道炎かもしれません

胃や食道がしみる

熱いものを飲んだり食べたりすると、胃や食道がしみる症状がある場合、逆流性食道炎かもしれません。

そのような症状がある方は、まず一度医療機関への受診をおすすめいたします。

まだ逆流性食道炎になっていない方は、熱いお茶など熱いものを避けると逆流性食道炎予防にも繋がりますので、ぜひ日々の生活で意識してみてくださいね。

逆流性食道炎治療中は熱いお茶など、熱いものをなるべく避けるようにしましょう

逆流性食道炎に熱いものはNG

冒頭でもお伝えしたとおり、逆流性食道炎治療中の方は、熱いお茶など、熱いものをなるべく避ける必要があります。

極端に熱いものを摂取し続けると、胃酸が逆流しやすくなり、食道も荒れてしまうだけでなく、最悪、食道がんを引き起こすリスクを高めてしまうからです。

そのため、熱いものはなるべく冷ましてから、食べたり飲んだりするようにしましょう。

熱い物を熱い状態で食べると、食道がんを引き起こす危険性が高まるからです。

引用:「熱い鍋料理」に食道がんリスク がんにならない食生活#16 | がんと共に生きる。 | 文春オンライン

食道がん
喫煙や飲酒、極端に熱いものや辛い物による食道の刺激などが誘因の一つとされていて、そのため女性よりも男性に4~5倍多いとされています。

引用:食道の疾患 | 医療法人財団献心会 川越胃腸病院

逆流性食道炎治療中は「温かい」または「常温」の食べ物・飲み物がおすすめ

逆流性食道炎治療中は、熱いものではなく、少し冷ました状態の温かい食べ物・飲み物がおすすめです。

冷たい食べ物・飲み物だと、胃酸が逆流しやすくなるためです。冷たい食べ物・飲み物が絶対に駄目というわけではありませんが、なるべく控え目にしたほうが無難です。

ただ、中には熱いものではなく、温かい食べ物・飲み物でも、胃や食道がしみるという方もいらっしゃいます。そのような症状がある場合は、しばらく常温の食べ物・飲み物を試してみてはいかがでしょうか。

最近はコンビニでも、常温のペットボトルが置いてある場合があります。私の場合は、常温の500mlペットボトルをまとめ買いして、家にストックしていました。食べ物だと常温はなかなか難しいかもしれませんが、飲み物の場合は対策しやすいですね!

逆流性食道炎治療中は、熱いものではなく、温かいものや常温の食べ物・飲み物をなるべく摂取することを意識するようにしましょう。

逆流性食道炎治療中には熱いお茶の代わりに「白湯(さゆ)」がおすすめ

逆流性食道炎にもおすすめの白湯

私はデスクワークの最中、白湯(さゆ)をよく飲んでいました。白湯(さゆ)とは、沸かしたお湯を冷ました飲み物のことを言います。

近年、美容や健康に効果的と注目されている白湯(さゆ)ですが、具体的には、次のような効果があると言われています。

  • 血液循環改善
  • 脂肪燃焼促進
  • 老廃物排出促進
  • 内蔵の疲労回復

私の場合、白湯(さゆ)を飲むようになってから、食後の不快な胸焼けが少し改善したような気がします!

白湯(さゆ)は医療機関においても逆流性食道炎治療中に飲むことが勧められている飲み物の一つですので、ぜひ普段の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

①血液の循環がアップし、脂肪が燃焼されやすくなる。
イチョウなどの内臓機能を温める事が出来るので、飲んだ直後から血のめぐりが良くなる。
内臓温度が1℃上がると基礎代謝も10~12パーセント上がるので、脂肪燃焼効率がよくダイエットに効果的です。

②内臓機能が活発になり、老廃物を排出しやすくする。
内臓が温められることで、内臓が活発に働くようになり、消化作用を促進します。
結果、体内の老廃物を排除する力が増し、デトックス効果が増大、体内の浄化にも役立ちます。

③尿量が増え、余分な水分を体から排出しやすくなる。
白湯を飲むと、血液やリンパの流れが良くなり、体内で滞っていた余分な水分を尿として排出してくれます。
便秘やむくみにも効果が期待できます。

④内臓の疲労回復効果
内臓が温められ、内臓の機能が活発になる事により、内臓の動きが改善されます。

引用:白湯のおすすめ【看護部より】 はらメディカルクリニック

まとめ

逆流性食道炎治療中は、熱いものは冷ましてから食べたり飲んだりするようにしましょう。

熱いものをそのまま食べたり飲んだりしてしまうと、逆流性食道炎を悪化させてしまう恐れがあるためです。また、食道がん発症のリスクも高めてしまいます。

そのため、逆流性食道炎治療中は、熱いものではなく、温かいものや常温の食べ物・飲み物がおすすめです。

特に、常温の500mlペットボトルを家にストックしておくと何かと便利です!

また、お湯を冷ました白湯(さゆ)は逆流性食道炎治療中にもおすすめの飲み物ですので、日々の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。