逆流性食道炎の方におすすめの間食「カステラ」

セブンイレブン カステラ
はじめにお読みください

当サイトは医学的な根拠(医師による意見・厚生労働省ホームページ・薬剤師による意見等)を示し、実際に自分自身が逆流性食道炎を治療した際の実体験に基づく情報だけをご紹介するように心がけておりますが、すべての方に同じように効果があるわけではありませんので、予めご了承いただければ幸いです。

逆流性食道炎になると、甘い物や間食はなるべく避けたほうが良いと言われますよね。

そうは言っても、あまり自分に厳しくしてしまうと、逆にストレスになってしまうことも少なくありません。ストレスがたまってしまうと逆流性食道炎改善にも良くないですし、無理な我慢はなかなか長続きもしないですよね。

そこで、「逆流性食道炎治療中でも、甘い物を食べたり、間食がしたい!」という方におすすめしたいのがカステラです。

私の場合、デスクワークの際に空腹になってしまうと、逆に胸焼けがひどくなってしまい辛かったので、仕事の合間に間食としてカステラを食べるようにしていました。

今回は、カステラが逆流性食道炎に良い理由やおすすめのカステラなどをご紹介いたします。ぜひ、逆流性食道炎改善の参考にしていただければ幸いです。

カステラが逆流性食道炎に良い理由

カステラ

カステラは消化しやすい

逆流性食道炎の時には、なるべく消化しやすい食べ物を食べたほうが良いと言われていますが、消化しやすい食品の一つがカステラです。

<消化しやすい料理および食品>
菓子類 ビスケット、クッキー、キャンディー、カステラ、菓子パン、和菓子、ゼリーなど

出典:調子が悪いときの食事:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]

カステラは原材料がシンプル

カステラの基本的な材料は、「卵・小麦粉・砂糖」です。(念の為、購入する前に原材料をチェックするようにしてくださいね。)

それに対して、例えば菓子パンには、マーガリンやショートニングといったトランス脂肪酸や、保存料などの添加物も含まれています。トランス脂肪酸や添加物については賛否両論ありますが、健康に悪いという声も多く(下記参照)、出来るならなるべくそれらが含まれていない食品を選んだほうが良いのではないかと思います。

葉子クリニック院長の内山葉子医師は、ケンカツ!にて次のように語っています。

大部分のパンには砂糖や人工甘味料などの甘味成分と、バターか、マーガリンやショートニングといったトランス脂肪酸(液状の植物油が常温で半固形になるように水素が添加された不自然な油)を多く含む油脂が使われています。

さらに、市販のパンには保存料などの添加物も多く、害は小麦だけにとどまりません。
最初から小麦製品すべてをやめるのはつらいでしょう。ですから、まずは、特に害が大きいパンを優先してやめるべきだと私は考えているのです。

出典:【医師解説】「パン」は現代病を招く要因 やめれば体の不調が改善する可能性 | ケンカツ!

一般財団法人 脳神経疾患研究所 総合南東北病院 の広報誌「南東北」には、次のようにあります。

マーガリンやショートニング、ファットスプレッドにはトランス脂肪酸という〝〟が含まれ、悪玉コレステロールを増やす。

出典:一般財団法人 脳神経疾患研究所 総合南東北病院【地域がん診療連携拠点病院・地域医療支援病院】

」とまで言われると、やっぱり避けたほうが良いような気がしますね・・・(少量なら大丈夫なのかもしれませんが・・・)

それに対して、カステラの原材料はとてもシンプルなので、より安心して食べることができます。

これらの理由から、カステラは逆流性食道炎の方が食べても大丈夫だと言われています。

手作りのカステラでなくても、市販のカステラでOK!

逆流性食道炎におすすめ カステラ
中には「市販のカステラだと砂糖が入っているから、手作りのカステラのほうが良いのでは?」などと不安に思う方もいらっしゃるようですが、市販のカステラでもOKです。

逆流性食道炎には砂糖は良くないと言われていますが、一切砂糖を摂らないようにするのはなかなか難しいですよね。そもそも、甘くないカステラはあまり美味しくないですし・・・

特に甘い物が好きな方にとって、全く砂糖を摂らないのはかなりのストレスだと思います。

よく「逆流性食道炎治療中は一切甘い物を食べてはいけない。お菓子類も間食もすべてNG。」などと言われることがありますが、私自身さすがにそこまでストイックになれませんでしたので、一切砂糖を摂取しないのではなく普段よりも控えめにするように心がけていました。

市販のカステラは確かに砂糖が入っていますが、だから一切食べないのではなく、量を控えめにして食べてみてはいかがでしょうか。ですが、万が一胸焼けなどの症状がひどくなる場合は、すぐに中止してくださいね。

私が逆流性食道炎の時に食べていたおすすめの市販のカステラ

私のおすすめのカステラは、セブンイレブンのカステラです。

セブンイレブン カステラ

しっとりとしていて、味が美味しいのはもちろんのこと、3切れなので、間食にぴったりのサイズなのがおすすめの理由です。

念の為、原材料を確認すると「鶏卵、砂糖、小麦粉、水あめ、もち米あめ、ざらめ糖」とあります。これなら安心して食べられますね。

セブンイレブン カステラ 原材料

お近くのセブンイレブンでお買い求めいただけますので、気になった方はぜひ試してみてくださいね。

逆流性食道炎治療中にカステラを食べる注意点

  • 砂糖が入っている為、食べ過ぎには要注意です。
    どうしてもお腹が減った時に少しつまむ程度にしておきましょう。
    (カステラに限らず、逆流性食道炎改善には腹八分目が大切です!)
  • 寝る前に食べるのもNGです。
    カステラ以外にも言えることですが、寝る前に食べると胃酸が逆流しやすくなるためNGです。

まとめ

カステラは逆流性食道炎治療中の間食にぴったりの食べ物です。食べ過ぎは禁物ですが、「どうしても甘い物が食べたい!」「間食がしたい!」という時には、普段食べているお菓子や菓子パンなどをやめて、カステラにしてみてはいかがでしょうか。

何事も無理をしすぎると続きませんよね。甘い物や間食を一切控えるのではなく、食べる物をよく選び、食べる量を上手くコントロールしていくことが大切です。

無理せず、楽しく、逆流性食道炎を治しましょう!