逆流性食道炎にビールはNG!どうしても飲みたい場合は…

逆流性食道炎治療中はビールはNG
はじめにお読みください

当サイトは医学的な根拠(医師による意見・厚生労働省ホームページ・薬剤師による意見等)を示し、実際に自分自身が逆流性食道炎を治療した際の実体験に基づく情報だけをご紹介するように心がけておりますが、すべての方に同じように効果があるわけではありませんので、予めご了承いただければ幸いです。

私は毎日飲むほどのビール好きではないですが、中には毎日ビールを飲んでいるようなビール好きな方もいらっしゃると思います。

飲み会では、「とりあえずビールで!」と始まることも最近は少なくなってきたようですが、それでもビールを勧められて飲まざるを得ないこともありますよね。特に、忘年会・新年会シーズンは、ビールを飲む機会も増えそうです。

今回は、そんなビールと逆流性食道炎の関係について、詳しくお伝えしたいと思います。

ビールは、逆流性食道炎治療中は基本的にはNGですが、どうしても飲みたい時や、飲まなければならない時の対処法等もお伝えしたいと思いますので、ぜひ最後までお読みいただければ幸いです。

逆流性食道炎治療中はビールはNG!

冒頭でもお伝えしたとおり、ビールは、逆流性食道炎治療中は基本的にはNGです。

なぜなら、ビールは胃酸の分泌を増やし、食道下部括約筋を緩めてしまうことが分かっているためです。

また、炭酸で胃が膨れるため、より逆流しやすくなってしまう恐れもあります。そのため、発泡酒やシャンパン等の炭酸が入ったアルコール飲料や炭酸水等のノンアルコール飲料もなるべくなら避けたほうが良いです。

アルコールは、胃酸の分泌を増やすと同時に、食道下部括約筋をゆるめることが分かっています。アルコールはできるだけ控えましょう。

引用:逆流性食道炎 病気の基礎知識|アステラス製薬|なるほど病気ガイド

ビールや、コーラなど泡が出る飲み物は、胃がふくれて逆流の原因になります。
ビールはあきらめて焼酎など泡のでない飲み物にして下さい。

引用:逆流性食道炎と診断された方へのアドバイス-朴澤耳鼻咽喉科 NEWS

私の中では、ビールはそんなにアルコール度数が高くないので、大丈夫そうなイメージがありました・・・・。でもそうではないんですね。

私の場合、食道裂孔ヘルニアを併発していたため特に症状がひどかったのかもしれませんが、ビールを飲むと、吐き気や胃のムカムカ、つかえるような感じ、胸焼けなどの症状がありました。

また、ビールを飲むと、ついついおつまみに揚げ物や餃子等を食べたくなるかもしれませんが、後からものすごく後悔する可能性が高いです・・・・(体験談)

ビールも脂っこいおつまみも、逆流性食道炎治療中は控えたほうが無難です。

どうしてもビールが飲みたい場合の対処法

「適量」より少し少なめを意識して飲む

厚生労働省が推進する国民健康づくり運動「健康日本21」によると、「節度ある適度な飲酒」は1日平均純アルコールにして約20g程度とされていますが、これはビールだと中瓶1本分(500ml)に相当する量なんだそうです。(参考:適正飲酒のすすめ | 知っておこう!上手な飲み方、付き合い方 | サッポロビール

これだと、逆流性食道炎治療中の方の場合、ちょっと多すぎてしまう気がしますよね。

なので、逆流性食道炎治療中の方の場合、「適量」よりも少し少なめを意識して飲むことをおすすめします。目安としては、缶ビール1本分くらいでしょうか。(もちろん、飲まないのがベストではありますが・・・)

就寝3時間以上前に飲む

寝る前に飲んでしまうと逆流しやすくなってしまうため、飲むなら最低でも就寝3時間前までにしておくことをおすすめします。

家飲みではなく、ハッピーアワーを活用してみても良いかもしれませんね。

ノンアルコールビールを試してみる

『ノンアルコールビールなんてビールじゃねぇ!』

と言う方もいらっしゃると思いますが・・・・最近は、ノンアルコールビールもかなり本物のビールに近い味のものが出ていますので、試してみる価値はあると思います!

ノンアルコールだと知らずに飲んで、気付かない人もいるくらいなので、意外にノンアルコールビールでも満足できてしまうかもしれません。

ただ、前述のように、ノンアルコールビールにも炭酸が入っているので、ノンアルコールだからと言ってたくさん飲むのはやめておいたほうが良さそうです。

まとめ

逆流性食道炎治療中は、基本的にはビールはNGです!

ビールは胃酸の分泌を増やし、食道下部括約筋を緩めてしまう恐れがあるためです。

ですが、どうしてもビールが飲みたくなってしまった時や、付き合いでビールを飲まなければならない時は、缶ビール1本分まで、就寝3時間以上前を目安に飲むことをおすすめします。ただし、逆流性食道炎の症状がある時は、絶対にビールを避けるようにしてくださいね。

また、最近は美味しいノンアルコールビールも増えていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか。

逆流性食道炎は適切な治療と、生活習慣の改善をすれば、治る病気です。私も逆流性食道炎治療中はお酒が飲めず、本当に辛い想いをしましたが、今は完治し、ビールも飲めるようになりました!楽しくビールを飲める日はまた必ずやってきます!無理をしすぎず、ですが諦めずに、治療していきましょう!